八幡次郎好酉
賢者の言葉
さくら紅葉 背割堤 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||チョウ関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



<< Home Page

 フィリピンからの賢者の言葉 (8) 更新日: 2019/01/03





 ・・・ 良薬は心に痛し ・・・
誰かを たまらなく
愛しく思うときが あなたにも きっとくる

夢の世界から 現実の世界へ
連れ戻したい そして 抱きしめたいと





 思春期の心乱れる複雑な思いは、伝説にも物語にも小説にも映画にも、有史以来、様々に、語られ、語り継がれてきた。これからも、そうであろう。およそ、語り尽くせるものではない。それは、一つとして、同じ人生がないからである。

 それでも、この詩が言うところのものは、人が生まれて、死んでいくように、誰にでも例外なく、当てはまるものでしょう。そして、「夢の世界から」 が暗示しているように、それは、"至福の時" ではない。誰しも、"胸痛む思いを経験する時" ということでしょう。

 この悩ましい、"時" というものは、長い人生の中の、一瞬の出来事のようでいて、その渦中にあるときは、それが永遠に続くような思いもするものだ。恋心という言葉も、自分には無縁で、他人事だという人でも、また、何人もの恋人を手玉に取るような人でも、例外なく、その "時" は、きっとくる。


 人を愛しく思う心は、何も、恋心だけではないかも知れない。親離れした子供に対してかも知れない。家族との絆のことかも知れない。失くした人のことかも知れない。亡くした人のことかも知れない。

 いずれの場合にしても、今は叶わぬ心の願いに、胸痛む思いをするのは同じだ。これとて、思春期に限らず、すべてではないにしても、誰しも、避けては通れない。


 そして、それは、「良薬は口に苦し」 というのと同じで、愛しく思う心こそが良薬となり、「良薬は心に痛し」 ともいえるかも知れない。いつしか、傷も癒え、忘れられない懐かしい思い出の一つとして、長く心に残る "時" もまた、きっとくる。






<< 戻る 賢者の言葉 (8)  次へ >>




変更履歴
2019/01/03 スタイル変更 ブログ→ホームページ化






アオスジアゲハ - この手にとまれ 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2020   Hahimanzirokohyuh 八幡次郎好酉