八幡次郎好酉
この手にとまれ
さくら紅葉 背割堤 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||チョウ関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



<< Home Page
アサギマダラ


写真@
@ アサギマダラ 八幡市 かわきた自然運動公園 Photo by Kohyuh 2005/10/26
アサギマダラ  八幡市 かわきた自然運動公園
Photo by Kohyuh 2005/10/26




写真A
アサギマダラ (1) 2013/10/22 Photo by Manda (写真提供: 萬田)
アサギマダラ  西宮市
Photo by Manda 2013/10/22
(写真A提供: 萬田)




写真B
アサギマダラ (2) 2013/10/22 Photo by Manda (写真提供: 萬田)
アサギマダラ  西宮市
Photo by Manda 2013/10/22
(写真B提供: 萬田)




アサギマダラ  *206 更新日: 2013/10/24
【科名】 タテハチョウ科
 マダラチョウ亜科
 マダラチョウ属
学名】 Parantica sita
英名】 Chestnut tiger
前翅長】 50mm

2005/11/03
 渡りをする蝶として、アサギマダラのことは聞いていた。 初めてその姿を見たのは、交野山へ タカの渡り を観に行ったときだった。 鳥観客が見つけて、アサギマダラも渡って行くと教えてくれた。 ふわりふわりと飛んでいた。







 アサギマダラの 同定 も、さほど難しくはないだろう。 大きくて、白っぽくて、かなり目立つ蝶を見かけたら、アサギマダラの写真と見比べればよい。 もし、外れたら、それこそ珍しい蝶に違いない。







 日本産のマダラチョウは、一属一種、このアサギマダラのみということである。 そして、秋には、サシバの渡りルートに沿って日本列島を南下するらしい。 この小さな蝶が、片道千キロ以上もの旅をする。

 また、春には、北上するが、世代交代をしながら旅を続けるというから、尚更のこと、不思議な蝶である。 ということは、単独で往復したものはいないということかも知れない。

 日本列島だけでなく、台湾で放蝶されたアサギマダラが滋賀県で発見された例があるらしい。 まだまだ謎の多い蝶である。 ネットでも今、マーキング調査で熱くなっている、話題の蝶でもある。




マーキング (標識)
 マーキング (標識) 調査とは、捕獲した蝶の前翅に、油性のフェルトペンで 「標識 (場所と日付ほか)」 を書いて、再び放蝶する。

 その蝶がどこかで発見されると、何処で放蝶され、何処で捕獲されたかが分かる。 このようなデータが、たくさん集まれば、渡りのルートなどの解明につながる。

 気軽にネットでその調査に参加できるし、データも見ることが出来る。







食草・食樹  引用 *205
幼虫 ガガイモ科の植物
成虫 トラノオ類などの花




学名の意味  引用 *203
Parantica パランティカ アサギマダラ属 マダラチョウ科
 Moore の創作で、語源は、はっきりしない。 梵語由来で、シヴァ神の別名 Parantaka に因む。

 また、古典語由来とすれば、
 【ギ】 para 副、側、近 + 
 【ラ】 anticus、-a、-um 前方の、古い、古代の

sita シータ インド神話の古代農耕の女神
シータ sita の原意は、畦、畝のことである。

 大叙事詩ラーマーヤナにおいては、主人公ラーマ王子の妃であり、貞淑な妻の鑑として讃えられている。  また、ヴィデーハの王ジャナカの娘でラーマの妻であり、農業と実りを支配する女神の名である。





英名の意味
Chestnut tiger 栗色の虎模様をしたチョウ
chestnut :  くり色の、赤茶色の  chestnut hair くり色の髪
tiger :  1 〔動〕 トラ
 2 残忍な男、暴れ者、狂暴な人

by New College English-Japanese Dictionary,
6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998









変更履歴
2013/10/24 写真AB追加
2008/03/25 スタイル統一更新
2007/08/21 分類名変更
2007/08/04 「楽天ブログ」から移動及びスタイル変更







アオスジアゲハ - この手にとまれ 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾